プーケットの歴史

プーケットの歴史

昔プーケットは貿易で栄えた

プーケットの歴史 マレー半島の西側に広がるアンダマン海に浮かぶプーケット島。アンダマン海は、遠くインド洋に広がっており、インド洋には モルジブやプーケット等、美しい島々が点在している。
プーケット島は南北約50km、東西約21km、面積543ku。周囲に大小32の島々を抱えており「アンダマン海の真珠」という別名を持つ、タイで最も大きな島。(ちなみにサムイ島はタイで3番目に大きな島。)
プーケットの歴史タイ本土とプーケット島は、狭い水道をへだててほんのわずか離れており、サラシン橋によって結ばれているので 現在は本土から陸路でプーケット島に入ることもできる。

16世紀ごろにポルトガル人が訪れ、錫やゴムを求めて中国系の商人も行き交うようになり発展した歴史があり、1980年代からは、その美しい海と自然に見せられた観光客が世界中から訪れるようになり、プーケット島の開発は急速に進み、国際級のリゾートの顔となった。

プーケットの歴史 プーケットには様々なビーチ、様々なエリアがありそれぞれの表情をみせる。 プーケット島の東側は小さな島が数多く点在するプーケット海で、対岸にはピピ島や、クラビが在る。 プーケット島の西側はインド洋に広がるアンダマン海に面している。旅行者を受け入れるリゾートの多くは、アンダマン海側にあり、プーケット海側には港やヨットハーバー、それに素朴な漁村が点在している。 島一番の中心地はパトンビーチ一帯で、数え切れないほどのレストランや宿泊施設が軒を連ね、連日遅くまで賑わっている。泳ぐのに適したビーチは西岸沿に沢山ある。

プーケット島は、島一つでプーケット県を成しているが、県庁所在地のプーケットタウンは大型ショッピングセンターや様々な店舗が沢山集まった地元の人々の生活圏である。宿泊施設については、ほとんどの4〜5星ホテルにはスパがあるので伝統のタイ式マッサージはもちろん、最先端の各種トリートメントを体験することもできる。

プーケットオプショナルツアー
スノーケリングツアー
タイと言えば象ツアー
プーケットファンタシーツアー
サイモンキャバレーツアー
パンガー湾カヤックシーカヌー
(C)ダイビングショップ ほうぼう屋プーケット店