プーケット滞在時の習慣とマナー

タイでのマナー

タイ国民は敬虔な仏教徒

プーケット寺 タイ国民の95%が仏教徒です。日本は宗教色の薄い国ですが、生活の随所に仏教的習慣が多く含まれて居ます。 そういった意味で、タイの人々と接していると親近感が生まれることもしばしば。また文化的にも、 日本と同じようにお米を主食にした食文化や、年配の方を敬う習慣等のアジア的感覚は、私達日本人に非常に親しみやすい感覚です。 日本には「親しい仲にも礼儀あり」という、言い回しがあります。 同じアジアではありますが、生活習慣には若干異なる点もありますので、彼らの持っている 「礼儀正しい日本人」のイメージを傷つないよう、旅行中は現地のマナーに沿った、行動を心がけるべきでしょう。

お寺と仏様とお坊さん

タイ式仏教寺院 ワット

プーケット寺 ワット(寺院)は、タイ人にとって最も神聖な場所なので訪れる際は、短パン、ノースリーブなど肌を露出した服装は避けるようにしなければなりません。 僧侶には敬意を示すように、タイの僧侶は女性との一切の接触が禁じられているので、 むやみに話しかけたりと言った行動も慎まなければなりません。

また、面白半分に仏像の写真を撮ったり、仏像に触ったりすることは、 タイでは絶対にやってはならない事です。トラブルの原因になりますので、そのようなことは絶対にしないようにしましょう。 仏像と肩を組んで写真を撮ったり、女性が肌を露出した格好で仏像と写真を撮ったりするのは厳禁です。

足を置く場所に注意

足をむやみに投げ出さない。机に座ったりもダメ。

人の頭は神聖な場所とされています。むやみに触らないように、特に左手は不浄とされています。 また同様に足のうらも不浄で、仏前で裸足になる時も足の裏は仏様に向けないように。また、 タイではテーブルや机に足を乗せたり、座ったりする行為は、とても失礼な行為にあたりますので注意しましょう

プーケットオプショナルツアー
スノーケリングツアー
タイと言えば象ツアー
プーケットファンタシーツアー
サイモンキャバレーツアー
パンガー湾カヤックシーカヌー
(C)ダイビングショップ ほうぼう屋プーケット店