通貨と両替

タイの通貨

プーケットで使う紙幣と硬貨

プーケットの通貨と両替 プーケットの通貨と両替

▲左から25サタン・50サタン・1バーツ硬貨


プーケットの通貨と両替 プーケットの通貨と両替

▲左から5バーツ・10バーツ硬貨


プーケットの通貨と両替 プーケットの通貨と両替

▲20バーツ紙幣


プーケットの通貨と両替 プーケットの通貨と両替

▲50バーツ紙幣


プーケットの通貨と両替 プーケットの通貨と両替

▲100バーツ紙幣


プーケットの通貨と両替 プーケットの通貨と両替

▲500バーツ紙幣


プーケットの通貨と両替 プーケットの通貨と両替

▲1000バーツ紙幣(最高額紙幣)


タイの通貨について

タイの通貨単位はバーツ(BAHT)とサタン(S)。
1バーツ=100サタンとなります。
硬貨は、25サタン,50サタン、1バーツ,5バーツ,10バーツの5種類。 紙幣は、20バーツ,50バーツ,100バーツ,500バーツ,1000バーツの5種類。 全ての硬貨と紙幣には、プミポン、タイ国王の肖像が写されています。 街中でサタン硬貨を見ることは少なく、大型のスーパーや、コンビニだけでサタンが使用されている。 タクシーに乗るときや、屋台で買い物や食事をする時、チップ用に小額の紙幣と小銭を用意しておくのが良いでしょう。
屋台や、地元の商店で小さな買い物をする時には、一般的に1000バーツ札は使用しません。(おつりが無いことが多いので。)

日本円から、タイバーツへ両替

どこで両替するのがお得?

日本国内でも、銀行で日本円をタイバーツに両替することは出来るが、レートは極端に悪い。 バンコクや、プーケットの空港には到着客のいる限り、開いている銀行系の両替所があるので、 予め日本で両替してくる必要はなく、タイ到着時に空港である程度の現金を両替する様にすると良い。 バンコクやプーケットの街中には銀行(土・日曜、祝日は休み)や、「EXCHANGE」の看板を揚げた銀行系の両替所や、 旅行代理店でも両替サービスを行っている。日本円の両替に困ることはないので、特別米ドルを用意する必要は無い。 レートは銀行系の両替所が最も良く、街の旅行代理店やホテルのレートは若干悪くなる。レートは毎日替わり店頭に張り出されているので、気になる人はレート表示をチェックすると良いだろう。 両替の際には出来るだけ細かいお札も混ぜてもらうと便利。あまり額が大きいと屋台やお店でお釣りがないと言われることもある。

プーケットオプショナルツアー
スノーケリングツアー
タイと言えば象ツアー
プーケットファンタシーツアー
サイモンキャバレーツアー
パンガー湾カヤックシーカヌー
(C)ダイビングショップ ほうぼう屋プーケット店